So-net無料ブログ作成
検索選択
悲しいこと ブログトップ

畳のシミ [悲しいこと]

リビング隣の6畳間は、晩年のめぐりんが長い時間を過ごした部屋。

その畳に何カ所も茶色のシミがついていて、拭いても拭いても
取れない。

めぐりんが横になった跡。
めぐりんのお口から出たぶくぶく涎の跡。

ぶくぶく涎には、血液が混ざっていたので
めぐりんの血の跡。


一生懸命生きためぐりん。
必死に頑張っためぐりん。


私は何かしてあげられることが
もっと
もっと
もっと  あったんじゃないの?

苦しんでいためぐりんにしてあげられることが
何かあったんじゃないの?



後悔を癒す薬は
ない
タグ:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

どうにもならないこと [悲しいこと]

どうにかならないんだろうか? 

と、思う。夜になると、思う。


どうにもならないよ。

と、判ってる。ちゃんと判ってる。


夜、見なければいいのに
夜になると見たくなる。
一日が寂しすぎて。
この日記をずーっとスクロールして、ずっとずっとスクロールして
めぐりんを見て


また、眠れなくなる。


時間薬   なかなか効かない

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

頑張ってみるけど [悲しいこと]

朝から 頑張ってみたし
これからも 頑張ってみるけど

寂しくて寂しくて悲しくて悲しくて

吐きそう
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

理解したくない [悲しいこと]

一日経ちました。昨日はとっても書けなかった。今日も本当はまだ書けないのかもしれないけど。

アキバで無差別連続死傷事件がおきました。アキバはいつも利用している街です。
人々の血が流れ出た中央通も 駅に続く道も知っています。
そんな人は多いと思う。
日曜には 中央通が歩行者天国になって、広い通りには世界中からアキバを目指して遊びに来た人たちがそれぞれの休日を楽しむために訪れます。

あの人が どんな生い立ちで、どんな育ち方をして、どんな風に世の中に絶望して行き、また どんな風に屈折していったか
アタシは「理解」したくありません。
あまりに身近な街で起こった事件だったので、普段は見ない時間のテレビも見ました。
でも 理解しようとは思いませんでした。
理解というのは、対象に近づくための一歩です。
あたしはたとえ一歩でも近づきたくはないし、理解もしたくない。

人は 見かけ通りには生きてない。
幸せそうな どう見ても幸せそうな人でも、心に深い苦しみを抱いて必死に日々を生きているかもしれない。
ようやく自分の道を見つけて、歩き出したのかもしれない。
苦しみの中から ようやく灯を見つけ出した人もいたのかもしれない。
まだ無垢で、これから人生のあらゆる高波に立ち向かっていく入り口に立っていた人かもしれない。

そんな平凡かもしれないけれども、日々を懸命に生きている人達に向かって
何てことを・・・・・・・・・

世間から認められず、それでも懸命に生きている人達に対しても
もしかして あの人がそう思っていた「報われない」人達に対しても
あの人がした事は 最低の恥ずべき行為です。
自分の事ばかり考えて、人の命を「道具」のように扱って 切り捨てた!

私は理解したくない。どんな抗弁があったとしても
私は一切 理解したくない。。。です。


亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りいたします。
身体に、心に深い傷を負った方々の回復を心からお祈りいたします。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

さようなら 美奈子さん [悲しいこと]

今日もまた 疲れてしまって午後寝ていました。
目覚めて 携帯を見たら友人のNちゃんから 本田美奈子さんの訃報メールが届いていました。

哀しい 哀しくて哀しくてなりません・・・・・

去年の暮れに 舞台で元気な彼女を観たのが最期になりました。

彼女は急性骨髄性白血病でした。

私がこの秋に入院した時に 実はかなり高い確率で癌だと言われていました。
入院手術の予約を入れたのが7月。それから 入院までの長い時間をミュージカルの舞台が私を支えてくれました。毎回観に行く生の舞台が 怖いことや嫌な事を忘れさせてくれました。
時に一人の夜など なにやら恐ろしいものに心塞がれそうになる時に
度々 彼女のことを思いました。
まだ若い彼女は 大きな舞台を降板して、病気と闘っていました。
その度に 彼女も今頑張っている。私も頑張ろう って気持ちを奮い立たせてきました。
多くの 白血病患者、癌患者の心の支えにきっときっとなっていただろうと思います。
復帰するとの話を聞いて 喜んだのがついこの間なのに、、、、、、、、

幸い、手術の結果、私の腫瘍は良性でした。無事に退院することが出来ました。
彼女も 病気に打ち勝って きっときっとまた素晴らしい歌声を聴かせてくれると信じていました。

残念です 残念です。
いつか舞台で大好きな中川晃教さんと競演してくれるのを夢見ていました。

心から心から ご冥福をお祈りいたします。


nice!(2)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
悲しいこと ブログトップ
悲しいこと ブログトップ

畳のシミ [悲しいこと]

リビング隣の6畳間は、晩年のめぐりんが長い時間を過ごした部屋。

その畳に何カ所も茶色のシミがついていて、拭いても拭いても
取れない。

めぐりんが横になった跡。
めぐりんのお口から出たぶくぶく涎の跡。

ぶくぶく涎には、血液が混ざっていたので
めぐりんの血の跡。


一生懸命生きためぐりん。
必死に頑張っためぐりん。


私は何かしてあげられることが
もっと
もっと
もっと  あったんじゃないの?

苦しんでいためぐりんにしてあげられることが
何かあったんじゃないの?



後悔を癒す薬は
ない
タグ:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

どうにもならないこと [悲しいこと]

どうにかならないんだろうか? 

と、思う。夜になると、思う。


どうにもならないよ。

と、判ってる。ちゃんと判ってる。


夜、見なければいいのに
夜になると見たくなる。
一日が寂しすぎて。
この日記をずーっとスクロールして、ずっとずっとスクロールして
めぐりんを見て


また、眠れなくなる。


時間薬   なかなか効かない

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

頑張ってみるけど [悲しいこと]

朝から 頑張ってみたし
これからも 頑張ってみるけど

寂しくて寂しくて悲しくて悲しくて

吐きそう
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

理解したくない [悲しいこと]

一日経ちました。昨日はとっても書けなかった。今日も本当はまだ書けないのかもしれないけど。

アキバで無差別連続死傷事件がおきました。アキバはいつも利用している街です。
人々の血が流れ出た中央通も 駅に続く道も知っています。
そんな人は多いと思う。
日曜には 中央通が歩行者天国になって、広い通りには世界中からアキバを目指して遊びに来た人たちがそれぞれの休日を楽しむために訪れます。

あの人が どんな生い立ちで、どんな育ち方をして、どんな風に世の中に絶望して行き、また どんな風に屈折していったか
アタシは「理解」したくありません。
あまりに身近な街で起こった事件だったので、普段は見ない時間のテレビも見ました。
でも 理解しようとは思いませんでした。
理解というのは、対象に近づくための一歩です。
あたしはたとえ一歩でも近づきたくはないし、理解もしたくない。

人は 見かけ通りには生きてない。
幸せそうな どう見ても幸せそうな人でも、心に深い苦しみを抱いて必死に日々を生きているかもしれない。
ようやく自分の道を見つけて、歩き出したのかもしれない。
苦しみの中から ようやく灯を見つけ出した人もいたのかもしれない。
まだ無垢で、これから人生のあらゆる高波に立ち向かっていく入り口に立っていた人かもしれない。

そんな平凡かもしれないけれども、日々を懸命に生きている人達に向かって
何てことを・・・・・・・・・

世間から認められず、それでも懸命に生きている人達に対しても
もしかして あの人がそう思っていた「報われない」人達に対しても
あの人がした事は 最低の恥ずべき行為です。
自分の事ばかり考えて、人の命を「道具」のように扱って 切り捨てた!

私は理解したくない。どんな抗弁があったとしても
私は一切 理解したくない。。。です。


亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りいたします。
身体に、心に深い傷を負った方々の回復を心からお祈りいたします。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

さようなら 美奈子さん [悲しいこと]

今日もまた 疲れてしまって午後寝ていました。
目覚めて 携帯を見たら友人のNちゃんから 本田美奈子さんの訃報メールが届いていました。

哀しい 哀しくて哀しくてなりません・・・・・

去年の暮れに 舞台で元気な彼女を観たのが最期になりました。

彼女は急性骨髄性白血病でした。

私がこの秋に入院した時に 実はかなり高い確率で癌だと言われていました。
入院手術の予約を入れたのが7月。それから 入院までの長い時間をミュージカルの舞台が私を支えてくれました。毎回観に行く生の舞台が 怖いことや嫌な事を忘れさせてくれました。
時に一人の夜など なにやら恐ろしいものに心塞がれそうになる時に
度々 彼女のことを思いました。
まだ若い彼女は 大きな舞台を降板して、病気と闘っていました。
その度に 彼女も今頑張っている。私も頑張ろう って気持ちを奮い立たせてきました。
多くの 白血病患者、癌患者の心の支えにきっときっとなっていただろうと思います。
復帰するとの話を聞いて 喜んだのがついこの間なのに、、、、、、、、

幸い、手術の結果、私の腫瘍は良性でした。無事に退院することが出来ました。
彼女も 病気に打ち勝って きっときっとまた素晴らしい歌声を聴かせてくれると信じていました。

残念です 残念です。
いつか舞台で大好きな中川晃教さんと競演してくれるのを夢見ていました。

心から心から ご冥福をお祈りいたします。


nice!(2)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
悲しいこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。