So-net無料ブログ作成
検索選択
テレビ ブログトップ

國村さん [テレビ]

声に色がある人が好きなの。色を感じる人、と言うと判りやすいかな。

私にとってそれは
さだまさしさんだし、吉岡秀隆さんだし、中川晃教くんだし。大好きな人たち。

wowowドラマ「パンドラ」(←ここ)に出演している國村隼さんもその1人。

この「パンドラ」でも重要な位置を占めている、彼。
この、台詞の後ろに深く広い“意味”を内包していると知らしめる声[exclamation]
この人にかかったら なんでもない単語も なんでもない表現も
その背景に背負った影だったり痛みだったりを連想させて 深く深く物語りを掘り下げる。

去年。何度となく通った舞台「エレンディラ」(←ここ)で 國村さんは原作者のガルシア・マルケスとおぼしき人物に扮していた。
実は初日から何日間かは、台詞も噛むし「あたしが楽しみにしていた“内さんの息子”(Drコトー診療所で、内さんこと千石規子さんの息子役で好演していたの)ったらぁーーーって感じだった。ちょっとガッカリした。
けどさすがに回を重ねると、あの唐突な出番で語り始めなければならない役も、その時代に生きるものとして舞台上に存在していた。
さすがだな、、、、、と思った。
それに この声[exclamation]
なにごとかを喚起させずにはいられない。

今夜は5話。
まだまだこれから面白くなりそうなドラマだわ。
wowowって 今までもそうだったけれども、出演の役者陣の層の厚さったら 地上波には及びも付かない。
「パンドラ」もしかり。 ますますどんどん楽しみだ[exclamation×2]

nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:テレビ

天麩羅が、、、 [テレビ]

冷めますが。。。たまきさん

と、気になって仕方なかった今夜の『相棒』http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/です。

今、連ドラで見ているのが
NHKの「ちりとてちん」←朝から笑えて楽しい一日の始まり☆
米国の「CSIシリーズ」←ラスベガスではまって、マイアミで深みに嵌り、ニューヨークで抜けられなくなった☆
これに『相棒』です。

そりゃ、ね。正直言うと 刑事ドラマとしては、、、、です。
なにしろCSIのファンですから、「その証拠物件の扱いはそれでいいのか?」とか「鑑識が入る前に刑事が現場を荒らしてどーなの?」とか「その扱いだと証拠として価値がなくなるんですけど」などなど、我ながらウンザリするほど突っ込みしつつ見てますけどね。
それでも、右京さんと亀山ぁ~のコンビは大好きで、一話からのファンよ
もともとは2時間ドラマだったと思うんだけど、一話の話は過去過ぎて恩讐の彼方

で、右京さんの元妻がたまきさんで小料理屋を開いている訳ね。
右京さんと亀山さんも安月給のはずだけどご常連さん。

毎回その小料理屋に右京さん亀山さんと彼の奥さんであるところのジャーナリストの美和子さんが集うんですけど。。。。。。。他に客の姿がないことが多い。
っていうか、他の客がいるところを殆ど見たことがない。
やっていけてるのか この小料理屋
料理もあまり美味しそうじゃないし、たまきさんの手元が毎回映るんだけど、異常に綺麗なまな板(汗)異常に綺麗な店内、、、、、、さぶいくらい

今夜なんて、とっくに揚がっている天麩羅を三つのお皿(てんぷら用の飾り笊だったけど)に今しも盛りつける!!!って所のままにずーーーーーっと話ばかりしているたまきさん。
途中で本まで取りに行っちゃうし、お願いだから天麩羅盛り付けて(汗)
そうよ!!! 他の料理ならともかく、天麩羅よぉ~
揚げたら 即盛り付けて、お客に出すのが鉄則の料理。その名は“天麩羅”

と、事件とはまったく関係ないたまきさんのお店のシーンが気になって仕方なかった今夜の『相棒』でした。

(この記事書くためにカテゴリーに「テレビ」追加しちゃったアタシって。。。なんだかんだ言っても大好きよ『相棒』)

 

 


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:テレビ
テレビ ブログトップ
テレビ ブログトップ

國村さん [テレビ]

声に色がある人が好きなの。色を感じる人、と言うと判りやすいかな。

私にとってそれは
さだまさしさんだし、吉岡秀隆さんだし、中川晃教くんだし。大好きな人たち。

wowowドラマ「パンドラ」(←ここ)に出演している國村隼さんもその1人。

この「パンドラ」でも重要な位置を占めている、彼。
この、台詞の後ろに深く広い“意味”を内包していると知らしめる声[exclamation]
この人にかかったら なんでもない単語も なんでもない表現も
その背景に背負った影だったり痛みだったりを連想させて 深く深く物語りを掘り下げる。

去年。何度となく通った舞台「エレンディラ」(←ここ)で 國村さんは原作者のガルシア・マルケスとおぼしき人物に扮していた。
実は初日から何日間かは、台詞も噛むし「あたしが楽しみにしていた“内さんの息子”(Drコトー診療所で、内さんこと千石規子さんの息子役で好演していたの)ったらぁーーーって感じだった。ちょっとガッカリした。
けどさすがに回を重ねると、あの唐突な出番で語り始めなければならない役も、その時代に生きるものとして舞台上に存在していた。
さすがだな、、、、、と思った。
それに この声[exclamation]
なにごとかを喚起させずにはいられない。

今夜は5話。
まだまだこれから面白くなりそうなドラマだわ。
wowowって 今までもそうだったけれども、出演の役者陣の層の厚さったら 地上波には及びも付かない。
「パンドラ」もしかり。 ますますどんどん楽しみだ[exclamation×2]

nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:テレビ

天麩羅が、、、 [テレビ]

冷めますが。。。たまきさん

と、気になって仕方なかった今夜の『相棒』http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/です。

今、連ドラで見ているのが
NHKの「ちりとてちん」←朝から笑えて楽しい一日の始まり☆
米国の「CSIシリーズ」←ラスベガスではまって、マイアミで深みに嵌り、ニューヨークで抜けられなくなった☆
これに『相棒』です。

そりゃ、ね。正直言うと 刑事ドラマとしては、、、、です。
なにしろCSIのファンですから、「その証拠物件の扱いはそれでいいのか?」とか「鑑識が入る前に刑事が現場を荒らしてどーなの?」とか「その扱いだと証拠として価値がなくなるんですけど」などなど、我ながらウンザリするほど突っ込みしつつ見てますけどね。
それでも、右京さんと亀山ぁ~のコンビは大好きで、一話からのファンよ
もともとは2時間ドラマだったと思うんだけど、一話の話は過去過ぎて恩讐の彼方

で、右京さんの元妻がたまきさんで小料理屋を開いている訳ね。
右京さんと亀山さんも安月給のはずだけどご常連さん。

毎回その小料理屋に右京さん亀山さんと彼の奥さんであるところのジャーナリストの美和子さんが集うんですけど。。。。。。。他に客の姿がないことが多い。
っていうか、他の客がいるところを殆ど見たことがない。
やっていけてるのか この小料理屋
料理もあまり美味しそうじゃないし、たまきさんの手元が毎回映るんだけど、異常に綺麗なまな板(汗)異常に綺麗な店内、、、、、、さぶいくらい

今夜なんて、とっくに揚がっている天麩羅を三つのお皿(てんぷら用の飾り笊だったけど)に今しも盛りつける!!!って所のままにずーーーーーっと話ばかりしているたまきさん。
途中で本まで取りに行っちゃうし、お願いだから天麩羅盛り付けて(汗)
そうよ!!! 他の料理ならともかく、天麩羅よぉ~
揚げたら 即盛り付けて、お客に出すのが鉄則の料理。その名は“天麩羅”

と、事件とはまったく関係ないたまきさんのお店のシーンが気になって仕方なかった今夜の『相棒』でした。

(この記事書くためにカテゴリーに「テレビ」追加しちゃったアタシって。。。なんだかんだ言っても大好きよ『相棒』)

 

 


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:テレビ
テレビ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。